美しい桜色が鮮やかな、海の宝石・サクラエビ

小さくても風味抜群で、美しい桜色が目にも鮮やかなサクラエビ。日本では静岡県駿河湾の由比港・大井川港だけで水揚げされる希少なエビです。天候の良い日、富士川の河川敷で天日干しされるサクラエビはまさにピンク色の絨毯。富士山を背景にした圧巻の光景です。その色や、春に獲れるといった由来から名づけられたサクラエビ。はたしてどのようなエビなのでしょうか?

”きれいな”海の色は何色?

エメラルドグリーン、コバルトブルー、マリンブルー、ディープブルー、紺碧、そしてシンプルに“青”……海はさまざまな色で表現されます。実際の海や、海の写真を見ても、場所によって実に多彩な色をしていますよね。では海の本当の色は何色なのでしょうか? 今日はそんな海の色をひも解いてみたいと思います。

高級二枚貝タイラギはホタテガイより“うまい”!?

「玉珧」――漢字ではこのように標記する海の生き物をご存知でしょうか。その名も「タイラギ」です。 大きな貝柱と聞くと「ホタテガイ」をイメージされる方は多いと思いますが、「タイラギ」も立派な貝柱をもつ高級貝の一種。「ホタテガイ」に負けない美味しさを備えた貝です。今回は、あまり馴染みのない「タイラギ」についてご紹介していきます。

ウニは獲る必要がある水産物?

日本は世界で一番ウニを消費している国です。世界のウニの約7割が日本で消費されています。 国内で水揚げされる主なウニの種類はバフンウニ、ムラサキウニ。お寿司屋さんでは、ウニを軍艦巻きでいただくことが多いと思いますが、いわゆる“ウニ”は、一体どの部分を食べているかご存じでしょうか?

あなたの誕生魚は何の魚?

「泳げ!人生という大海を 誕生魚診断」がマルハニチロから公開されました。 時代の荒波の中をじぶんらしく泳ぐには、まずはじぶんがどんな魚なのか?その特徴を知ることが大切です。 さっそく占ってみましょう!

サバのことならなんでもわかる! サバペディア

サバ、ゴマサバ、タイセイヨウサバについて、生態から漁獲量、資源量などのデータ、美味しい食べ方など、サバに関するあらゆる情報がつまった専門サイトです。

魚へん漢字クイズ あなたはいくつわかりますか?

魚へんがつく漢字が表示されますので、その読み方を4つの選択肢から選んでください。回答すると名前の由来は魚の豆知識などを知ることができます。出題は全部で5問。全部正解したあなたはお魚博士?!